Rockman X5 (Boss Dialogue)

uc5bqvlpzu001

X5, a very nostalgic one for me. The localization is famous for randomly putting Guns n’ Roses names in for the bosses, a choice that to this day is still super dumb. This page will focus on the in-game dialogue between characters and bosses. Cutscenes and others will be in their own pages, to not make it overly cluttered considering the different routes and endings. Both X and Zero dialogue will be present.

Contents
OPENING STAGE
CRESCENT GRIZZLY / GRIZZLY SLASH
VOLT KRAKEN / SQUID ADLER
SHINING HOTARUNICUS / IZZY GLOW
TIDAL MAKKOEEN / DUFF MCWHALEN
DYNAMO 1
SPIRAL PEGACION / THE SKIVER
SPIKE ROSERED / AXLE THE RED
DARK NECROBAT / DARK DIZZY
BURN DINOREX / MATTREX
DYNAMO 2
ZERO FIGHT
AWAKENED ZERO FIGHT
X FIGHT
SIGMA FIGHT

OPENING STAGE

JPN 日本語

(エックス)
エックス: ゼロ!だいじょうぶか?

ゼロ: …オレなら、へいきだ。バスターをやられてかっこわるいけどな…それより、シグマは?シグマはどこだっ!

エックス: かんぜんにみうしなった。いまエイリアもさがしているがまったくデータはんのうがない

ゼロ: ヤツはウィルスだ…めでみたりデータでとらえられるものじゃない…かんじるんだ…シグマのあくを!

エックス: わかった…とにかくゼロはもどるんだ。そんなじょうたいで戦うのはムリだ!かんじるよ…ジグマが近くにいるような。

ゼロ: おまえのジャマにならないようひなんするが…もういちど、近くをさがしてみる。オレにもわかる!シグマは近くにいる!きをつけろよ、エックス…

シグマ: クックックッ…おろかなハンターどもよ!死をもって…しんのイレギュラーのすがたをしらしめてくれるわ!

(ゼロ)
ゼロ: なにっ!どうした!?エックス!

エックス: シグマの攻撃にやられてしまった…アーマーが破壊されるなんて…おかげで体はぶじだけど…

ゼロ: シグマめっ!こんかいもハンパじゃなさそうだな…いちど、ハンターベースへもどるんだ。…あとは、オレがやる!

エックス: アーマーがなくてもだいじょうぶだよ…それに…かんじるんだ…シグマが近くにいるって!

ゼロ: オレにもわかる…シグマが近くにいるってな……………ぎゃくにオレたちがシグマをよびよせているのか?ハンターもイレギュラーもにたものどうし?いつもオレたちがいて、シグマもいる…

エックス: …………ゼロ…どうした?なにをかんがえているんだ?…とにかくおれはまわりをしらべてみる。ゼロもきをつけて…なにかあったら、よんでくれ!

シグマ: クックックッ…おろかなハンターどもよ!ゼロよ…われの死をもって…しんのイレギュラーのすがたをしらしめてくれるわ!

TRANSLATION 翻訳

X

X: Zero! Are you okay?

Zero: …I’m fine. Just a broken buster and busted ego… More importantly, what about Sigma? Where is he!?

X: I completely lost sight of him. Alia is searching for him right now too, but there is no data response at all.

Zero: He’s a virus…he’s not something that can be seen with the eye or read as data. You have to feel him…feel his evil!

X: I know…Zero, get back to base for now. It’s pointless fighting in that condition! I feel that Sigma is nearby…

Zero: I’ll back off so I don’t get in your way, but…I’ll do one last search around here. I feel him, too! Sigma is close! Watch yourself, X…

Sigma: Heheheh…foolish hunters! Witness the true form of an Irregular…in death!

Zero

Zero: What the! X, what happened!?

X: I got hit by an attack from Sigma…I can’t believe my armour was destroyed…but my body is still in good shape because of it.

Zero: Damn that Sigma! Doesn’t look like he’s messing around this time, either…return to the base for now. I’ll handle things from here!

X: I’m fine even without my armour. Also…I feel it…I can feel that Sigma is nearby!

Zero: I feel it, too…Sigma’s closing in…or, are we calling Sigma to us? Are Hunters and Irregulars more similar than we think? Wherever we are, Sigma is right there, too…

X: …….Zero, what’s up? What’s on your mind? …Anyway, I’ll go search around. Be careful, Zero…if anything happens, call me!

Sigma: Heheheh…foolish hunters! Witness the true form of an Irregular…in death!

CRESCENT GRIZZLY / GRIZZLY SLASH

JPN 日本語

(エニグマ発射前)

(エックス)
グリズリー: おぬしが、かのゆうめいなイレギュラーハンター…じっさいにあえるとは…なんともこうえいなことだ。

エックス: おまえとやりあうじかんはないだまってオリハルコンを…

グリズリー: わしはもう、ウィルスにおかされている…イレギュラー化するのもじかんのもんだい…どっちにしろ、おぬしとはいっせんまじえるうんめい…しょうきのうちに戦ってくれ!いしきのないうちにきさまをたおしたくない!

エックス: おまえのキモチはわかった…でも…じかんがないんだ!ムダな戦いはさけたいんだ。りかいしてくれ!地球そんぼうのききだ!戦っているひまなど…

グリズリー: …すべてさだめられたもの…にげることはできない…おまえもわかっているはずだ。これもニンムじゃないのか?さあ!戦ってくれ!イレギュラーハンター!

(ゼロ)
グリズリー: ゼロ!おまえをみるとこのキズがうずく…

ゼロ: …とっとと、なおせばいい。そんなことより…オリハルコンをわたすんだ…じかんがない…

グリズリー: いつものようにちからづくでうばってはどうだ…もとはおまえ…イレギュラーなんだろ?きいたぜ、すででシグマをたおしたのだろ?…

ゼロ: むかしのことなど…戦いたいなら、うけてたつ。

グリズリー: ハンターもシグマもこう戦てきだな、いっしょだ

ゼロ: なに!?あいつといっしょにするな!

グリズリー: …やってることはいっしょだぜおれは武器をながすだけ…おまえらは、ジャマモノはすべてけす…キズのかりをかえすぜ、イレギュラーハンター!

(エニグマ発射後・零空間ステージ出現後)

(エックス)
グリズリー: おぬしが、かのゆうめいなイレギュラーハンター…じっさいにあえるとは…なんともこうえいなことだ。こんなじょうきょうで、なにしにきたかはわからぬがわしはもう、ウィルスにおかされている…イレギュラー化するのもじかんのもんだい…どっちにしろ、おぬしとはいっせんまじえるうんめい…しょうきのうちに戦いたい。さあ、戦ってくれ!イレギュラーハンター!

(ゼロ)
グリズリー: ゼロ!おまえをみるとこのキズがうずく…なんだ・・いつもとちがってうかないかおだな?なにかミスでもしたのか?あのシグマをすででたおしたハンターも…ミスをするんだな!ガハハハッ!

ゼロ: むかしのことなど…戦いたいなら、うけてたつ。

グリズリー: キズのかりをかえすぜ、イレギュラーハンター!

TRANSLATION 翻訳

Before Enigma Firing

X

Grizzly: You are that famous Irregular Hunter…it is such an honour…to be able to meet you in person.

X: I don’t have time to quarrel with you. Please, quietly hand over the Orichalcum-…

Grizzly: I am already being taken by the virus…it is just a matter of time before I go Irregular. It is my fate to duel with you…please, fight me while I still have my wits! I do not want to kill you when I have lost all consciousness!

X: I understand how you feel, but…there’s no time! I want to avoid any meaningless conflict. Please understand! This is a crisis with the fate of the world in the balance! I don’t have time to be fighting…

Grizzly: …it is fated…you cannot escape it…you must also understand that. Is this, too, not your mission? So come! Fight me, Irregular Hunter!

Zero

Grizzly: Zero! My scars ache at the sight of you…

Zero: …you should hurry up and get that fixed. More importantly…hand over the Orichalcum…there’s no time…

Grizzly: How about you take it by force, as you always do? Long ago… you too were an Irregular, were you not? I have heard of it, how you beat Sigma with nothing but your bare hands?

Zero: I don’t care for old stories…if it’s a fight you want, I’ll take you on.

Grizzly: Sigma and Hunters are so alike – quick to fight.

Zero: What!? Don’t compare us to him!

Grizzly: …what you do is the same. I merely move weapons…you wipe out anyone in your way…I will claim vengeance for this wound, Irregular Hunter!

After Enigma Firing / Last Stage Available

X

Grizzly: You are the famous Irregular Hunter…it is such an honour…to be able to meet you in person. I do not know why you have come, considering the situation, but I am already being taken over by the virus…it is just a matter of time before I go Irregular. It is my fate to duel with you…I want to fight while I am still conscious. Now, fight me, Irregular Hunter!

Zero

Grizzly: Zero! My scars ache at the sight of you…what’s this…? You are unusually gloomy, are you not? Have you made some grave mistake? Even the hunter that defeated Sigma unarmed can make mistakes…! Gahahaha!

Zero: The past is the past…if you want a fight, you got one.

Grizzly: I will claim vengeance for this wound, Irregular Hunter!

VOLT KRAKEN / SQUID ADLER

JPN 日本語

(エニグマ発射前)

(エックス)
エックス: ボルト・クラーケン!たのみがある…

クラーケン: ひさしぶりにごたいめんだというのに…あいさつもおわびもなく、いきなり、たのみだなんて…あいかわらず…

エックス: オクトパルドのことはいまも、すまないと…

クラーケン: そんなむかしのこと、ネにもってないわよ…イレギュラーハンターのしごとだから…イレギュラーをシマツするのはとうぜんのこと…ま、そうやっていつまでも戦うことにあきたからハンターのしごとをやめただけ…オクトパルドのことでやめたわけではないわ…

エックス: …たのむ、じかんがないんだ…エネルギーカートリッジを…

クラーケン: そんなもん、いくらでもくれてやるわ…あなたもおめでたいわね。そんなのてにいれたところで…もう、地球はおしまいよ!レプリロイドはだれもウィルスにおかされてイ、ィ、イレギュ、ギュギュ

エックス: …まずい!ウィルスにおかされていたか!

クラーケン: ガッーイレギュラーハンター?…シマツシテヤルヨ!オクトパルドノヨウニナ!

(ゼロ)
クラーケン: ゼロ…あなたがくるなんて…ひじょうじたいね…

ゼロ: わかってもらえるか。なら、はなしははやい。

クラーケン: あなたたちは、いつもごういんね…ハンターやめてよかったわ。…がさつになりたくないし。

ゼロ: …たのむ、そのくちょうはにがてなんだ…だまって、わたしてほしい。じょうきょうはわかるだろ?

クラーケン: そんなもん、いくらでもくれてやるわ…あなたもおめでたいわね。そんなのてにいれたところで…もう、おしまいよ!…レプリロイドはだれもウィルスにおかされて…イ、ィ、イレギュ、ギュギュ

ゼロ: …ウィルスにおかされてたか…いま…らくにしてやる…さらば、クラーケン…

(エニグマ発射後・零空間ステージ出現後)

(エックス)
クラーケン: ゲハハハッ!エックス!ナニシニキタ?

エックス: くっ、すでにイレギュラー化している…またひとり…むかしのなかまをうしなうのか?・・うしなってばかりで、えたものなんて、なにもない!おれの戦いは…なんのいみがあるんだ?

クラーケン: ゲハハハッ!ダッタラ死ニナ!シマツシテヤルヨ!オクトパルドノヨウニネ!

(ゼロ)
クラーケン: ハーハーハーッ…エモノガキタゼ!オレハイレギュラーハンター!オマエ、シマツスルッ!

ゼロ: …ウィルスにおかされてたか…いま…らくにしてやる…さらば、クラーケン…

TRANSLATION 翻訳

Before Enigma Firing

X

X: Volt Kraken! I have a favour to ask…

Kraken: We don’t see each other in ages…and without so much as even a “hello”, you immediately say you need something from me…you haven’t changed.

X: I want you to know I feel bad about Octopuld, even now…

Kraken: It’s ancient history. I don’t hold it against you…it’s what Irregular Hunters do; it’s natural to take out Irregulars. I quit being a Hunter because, simply, I couldn’t take fighting like that forever…it wasn’t just about Octopuld…

X: …Please, there’s no time. The Energy Cartridge…

Kraken: Take whatever you want…you’re quite blissfully ignorant, aren’t you? It doesn’t even matter if you take it…the world’s already finished! All reploids are infected and turning into I-i-rregu-…gugu…

X: …no! You’ve been infected by the virus!

Kraken: Gaaah, Irregular Hunter? I’ll delete you! Just like you did Octopuld!

Zero

Kraken: Zero…it must be bad out there…for you to come all this way…

Zero: Seems you get what’s going on. Then this’ll be quick.

Kraken: You are all always so pushy…I’m glad I stopped being a hunter. …Plus, I would hate to become so rude.

Zero: …please, I’m not good at taking that kind of tone…just quietly hand it over. You know what’s happening out there, don’t you?

Kraken: Take it…you’re quite blissfully ignorant, aren’t you? It doesn’t even matter if you take it…the world’s already finished! All reploids are infected and turning into I-i-rregu-…gugu…

Zero: …you’ve been infected…I’ll put you to rest now…farewell, Kraken…

After Enigma Firing/Last Stage Appeared

X

Kraken: Gehahaha! X! What brings you here?

X: Agh, he’s already become an Irregular…am I going to lose yet another old friend?…all I do is lose – I never gain anything! What is the point…the point of my fighting?

Kraken: Gahaha! Then die! I’ll delete you! Just like you did Octopuld!

Zero

Kraken: Haahaahaa…the prey has arrived! I’m an Irregular Hunter! I’ll delete you!

Zero: …you’ve been infected…I’ll put you to rest now…farewell, Kraken…

SHINING HOTARUNICUS / IZZY GLOW

JPN 日本語

(エニグマ発射前)

(エックス)
ホタルニクス: ずいぶんとてあらなほうもんじゃな。

エックス: この研究所もだいぶウィルスにおかされてこうするいがいは、しかたがなかった…

ホタルニクス: フン、イレギュラーハンターはいつもそうじゃ…ワシの研究は、ハンターたちのためではない。きみたちのやりかたには、つねづねギモンがあった。ゆえにきょうりょくできない

エックス: 博士…そんなことをいっているばあいでは!

ホタルニクス: この体もすでに…どくがにかかっている…じぶんがまちがったことをいっているのは…じゅうぶんしょうちしている。せめて…最後だけは…ワシのいしをつらぬかせてほしいのだ。さあ、最後だ…ワシをラクにしておくれ!

(ゼロ)
ゼロ: ホタルニクス博士、ごきょうりょくねがいたい。

ホタルニクス: ワシの研究はハンターたちのためではない。きみたちのやりかたには、つねづねギモンがあった。ゆえにきょうりょくできない。しかしだ…きみの体にはきょうみがある…だれもかいめいできないエックスとゼロ…しかし、そんなことをいっているじょうきょうではない…ワシもじきに、イレギュラーになるだろう…さあ、最後だ…最後にきみと戦って…研究してみるか。…さあ、戦っておくれ、ワシをラクにしておくれ!

(エニグマ発射後・零空間ステージ出現後)

(エックス)
ホタルニクス: く、くるしい…ウ、ウィルスにやられてしまった…このままでは、きみをおそってしまう…

エックス: 博士!だいじょうぶですか?ハンターベースへいっしょに

ホタルニクス: ダ、ダメじゃ…もう、おそい…い、いしきが…

エックス: くっ、だめだ。イレギュラー化してしまったか?…博士。やすらかに眠ってください…

(ゼロ)
ゼロ: ホタルニクス博士…おそかったか?

ホタルニクス: …おそい…もう、ウィルスにおかされてしまった。しかしだ…きみの体にはきょうみがある…だれもかいめいできないエックスとゼロ…イレギュラーになってしまう。その前に…最後だ…最後にきみと戦って…研究してみるか。…さあ、戦っておくれ、ワシをラクにしておくれ!

TRANSLATION 翻訳

Before Firing Enigma

X

Hotarunicus: You’re like a wrecking ball coming through here.

X: This lab has been hit hard by the virus; there wasn’t really any other way through…

Hotarunicus: Hmph, Irregular Hunters are always like that…my research isn’t for you Hunters. I’ve always had reservations about how you do things.

X: Professor…now is not a good time to get into that!

Hotarunicus: This body of mine…has already contracted the poison…I am well aware that what I am saying is wrong. At the very least…allow me to go out on my own terms. This is the end…put me at peace!

Zero

Zero: Dr. Hotarunicus, I ask for your cooperation.

Hotarunicus: My research isn’t for you Hunters. I’ve always had reservations about how you do things, so I cannot cooperate. However…I am interested in that body of yours. The unsolvable X and Zero…ah, but, now is not the time to get into such things…I too will become an Irregular soon. It is the end…perhaps I shall battle you, for research.  Now, fight me, put me at peace!

After Firing Enigma/Final Stage Appears

X

Hotarunicus: It- it hurts so much…I’ve been infected by the virus…at this rate I’m going to attack you…

X: Professor! Are you alright? Let’s go to the Hunter Base together-

Hotarunicus: n-no…it’s too late…my consciousness is…

X: Urgh, it’s no good. Has he turned Irregular? …Professor. Rest in peace…

Zero

Zero: Dr. Hotarunicus…am I too late?

Hotarunicus: …you are…I’m already infected by the virus. However…I am interested in that body of yours…the unsolvable X and Zero. I am going Irregular. Before then…perhaps I shall battle you, for research.  Now, fight me, put me at peace!

TIDAL MAKKOEEN / DUFF MCWHALEN

JPN 日本語

(エニグマ発射前)

(エックス)
マッコイーン: ほう…これはこれはエックスたいちょう…

エックス: ハンターベースからいちばん近いこの海を…つかわせてほしい…たいりょうのスイソをつくるために…

マッコイーン: カクユウゴウでもおこして…エニグマをつかうきだな?

エックス: そんなところだ…わかっているのなら、ぜひきょうりょくしてほしい。

マッコイーン: エックスくん…わしは海のおとこだ…カンタンにこの海をてばなすわけにはいかない…おろかなことだとわかっている。ただ、おとことして、キミと戦いたい!

エックス: …わかりました…うけてたちます!!

(ゼロ)
マッコイーン: ゼロ…ひさしぶりじゃな。

ゼロ: ハンターベースからいちばん近い、この海が…あれているのでね…しずめにきたよ。

マッコイーン: エニグマにたいりょうなスイソ…ようは海がひつようだと。

ゼロ: そうだ。ぜひ、だまってきょうりょくしてほしい。

マッコイーン: ゼロ…わしはもうウィルスにおかされた…最後のきねんに、いちど戦ってみるかい?オトコの戦い!てかげん抜きだぞ。

ゼロ: …りょうかい…この海にねむってくれ…

(エニグマ発射後・零空間ステージ出現後)

(エックス)
マッコイーン: 海は…海はすでに…死んでいる…エックスくん…わしは海のおとこだ…この海とうんめいをともにしたい…そしてわたしも、すでにウィルスにおかされている。最後に、オトコとして、くいのないよう…海にしずめてくれ…

(ゼロ)
マッコイーン: ゼロ…ひさしぶりじゃな。しかし…おそかったようじゃ。…地上はどうなっている?

ゼロ: …………

マッコイーン: …このよもおしまいか?ウィルスにおかされたし…最後のきねんに、いちど戦ってみるかい?オトコの戦い!てかげん抜きだぞ。

ゼロ: …りょうかい…この海にねむってくれ…

TRANSLATION 翻訳

Before Firing Enigma

X

Makkoeen: Well I’ll be, if it isn’t captain X.

X: Please allow us access to these waters – it’s the closest body to the Hunter Base. It’s required to produce the large amounts of hydrogen we need.

Makkoeen: You plan to incite nuclear fusion…and fire Enigma, is that right?

X: That is correct…if you understand, I would like to have your cooperation.

Makkoeen: X, my boy…I am but a man of the sea…I can’t give these waters up so easily. I understand I am acting like a like fool. I just want to do battle with you, as a man!

X: …I understand…I accept your challenge!!

Zero

Makkoeen: Zero…it has been some time.

Zero: This ocean is closest to the hunter base. The waters are getting rough…so here I am.

Makkoeen: You need a large amount of Hydrogen for Enigma…this ocean is necessary for that. Correct?

Zero: Bingo. Please, work with us.

Makkoeen: Zero…I am infected by the virus…as my final memory, won’t you do battle with me one last time? A duel between men! No holding back.

Zero: …Understood…time to sleep with the fishes…

After Enigma Fired/Final Stage Appeared

X

Makkoeen: The ocean…my sweet ocean…is dead…X, my boy, I am a man of the sea. I wish to share my fate with the ocean…as I am infected. In the end, man-to-man, sink me under these waters without regret…

Zero

Makkoeen: Zero…it has been some time. However…you are too late, I am afraid…how are things ashore?

Zero: …………

Makkoeen: …the end of the world? I am also infected…as my final memory, won’t you do battle with me one last time? A duel between men! No holding back.

Zero: …Understood…time to sleep with the fishes…

DYNAMO 1

JPN 日本語

(エックス)
ダイナモ: はじめまして…キミがかのゆうめいな…こりないハンター…エックスくんかい?

エックス: だれだ?きさま!なにがねらいだ?

ダイナモ: とりあえず、きみたちのジャマするだけかな?あ、でも、ジャマするだけでころしたりはしないから…きみたちは死ぬまで戦わないときがすまないんだろ?

エックス: ち、ちがう!そんなことはない!

ダイナモ: でもね、もしぼくと戦ってきみが死んじゃったら…ごめんね。てかげんはするからさ…さてと…そろそろやってみるかい?エックスくん。

(ゼロ)
ダイナモ: はじめまして…キミがかのゆうめいな…こりないハンター…ゼロくんかい?

ゼロ: おまえにはかんけいないこと。なにがしたい?

ダイナモ: とりあえず、きみたちのジャマするだけかな?あ、でも、ジャマするだけで…ころしたりはしないから…きみたちは死ぬまで戦わないときがすまないんだろ?

ゼロ: …………

ダイナモ: クールだねー。なにいってもムダかな?だったら、おのぞみどうり戦いますかね。

(撃破後)

(ryouhou)
ダイナモ: やっぱ、強いわ…マジだもんな?こんかいはこのぐらいでにげるとするかな。もうちょっとリラックスしないと体もたないよ、きみ。じゃあ、またね!シーユーアゲイ

TRANSLATION 翻訳

X

Dynamo: Howdy…you must the super famous, but incorrigible hunter X…yeah?

X: Who in blazes are you? What are you doing here?

Dynamo: Well for starters, I was thinkin’ about just getting in your way, I guess? Oh, but, just trying to be a nuisance, so no killing allowed…cuz I know how you can’t get your kicks without fighting to the death.

X: Wh- no! That’s not true at all!

Dynamo: But I should preface: if you just so happen to die while fighting me…sorry, alright? I’ll take it easy on ya, so…how about we get this party started?

Zero

Dynamo: Howdy…you must the super famous, but incorrigible hunter Zero…yeah?

Zero: This has nothing to do with you. What do you want?

Dynamo: Well for starters, I was thinkin’ about just getting in your way, I guess? Oh, but, just trying to be a nuisance, so no killing allowed…cuz I know how you can’t get your kicks without fighting to the death.

Zero: ………

Dynamo: Phew, aren’t you cool as a cucumber. Guess it doesn’t matter what I say, huh? In that case, I shall honour thy request for a fight.

After Defeat

X & Zero

Dynamo: Man, you really are strong…you’re serious about this, huh? I guess I’ll split this time. If you don’t relax a bit more, your health is gonna go on ya, you know. Well, see ya! Sayonara!

SPIRAL PEGACION / THE SKIVER

JPN 日本語

シャトル作戦提案前)

(エックス)
ペガシオン: こんなじょうきょうできみとあうことになるなんて…このくうこうも、ぼくじしんもこのままでは…ウィルスにおかされ、イレギュラー化するだろう。そうなったら、きみにすべてをゆだねることになる。ぼくがおかしくなってしまう。その前にせめて…戦ってぼくをなっとくさせてくれ!

(ゼロ)
ペガシオン: ゼロ!こんなじょうきょうでキミとあうとは…ボクはもう、じきにウィルスにおかされるだろう…キミにしょぶんしてもらうことになる。だから…イレギュラーとしてボクと戦ってくれ…キミと戦うことでカーネルのとむらいにもなると…かってに思っている。ボクと戦ってほしい…

ゼロ: わかった…ただ、オレは…しごととして戦う。いくぞ!

(シャトル作戦提案後、実行前)

(エックス)
ペガシオン: エックス!前からキミとあいたかった…ただ、こんなじょうきょうだ…はなしているヒマもない。ここ、レプリエアフォースももう、おしまいだ…はっきりいってキミにすべてをゆだねるしかなさそうだ…が、ボクをなっとくさせてくれないか?コブシをまじえて!

(ゼロ)
ペガシオン: ゼロ!前からキミとあいたかった……しかたないとはおもっては
いるが…カーネルのことをわすれられないのだ…戦わずして、なんとかかいけつしたのではないかと…キミをうらんでいるわけではないが…ボクはもう、ウィルスにおかされている…キミにしょぶんしてもらうことになる…だから…イレギュラーとしてボクと戦ってくれ…キミと戦うことでカーネルのとむらいにもなると…かってにおもっている…ボクと戦ってほしい…

ゼロ: わかった…ただ、オレは…しごととして戦う。いくぞ!

(零空間ステージ出現後)

(エックス)
ペガシオン: ぐ、ぐわ…ダ、ダレダ、オマエ…

エックス: ペガシオン…きみまで…

ペガシオン: ジェネラルサマノカタキ…オマエ、アノヨヘオクッテヤル!

(ゼロ)
ペガシオン: ア、アイリス…ダレダ、コイツ?オシエテクレ。アイリス、コイツ、ダレ?

ゼロ: ペガシオン…おまえもすでにイレギュラーか…アイリスは…もう、いない。オレが…

ペガシオン: コロシテヤル、コロシテヤル…ユルサナイッ!

TRANSLATION 翻訳

Before Shuttle Plan

X

Pegacion: It’s hard to believe I finally get to meet you at a time like this…these skies, even myself…are infected and turning Irregular. When that happens, everything will be in your hands. I will lose my mind. At the very least, before that happens, fight me and let me know I can put my trust in you!

Zero

Pegacion: Zero! I can’t believe I am meeting you at a time like this…it won’t be long until I’m infected. Then you’ll “take care of me”…so, please, fight me as an Irregular…it will also be my way of avenging Colonel. I may be being selfish…but fight me!

Zero: Understood…but, I…this fight is just business. Bring it!

After Shuttle Plan, Before Blastoff

X

Pegacion: X! I’ve wanted to meet you for a while…it’s just, this situation with Eurasia…there’s no time to even talk. Here, the remnants of the Repliforce are seeing their last days…to be honest, all I can do now is entrust everything to you…but, you’ll need to convince me that you’re the man for the job…through combat!

Zero

Pegacion: Zero! I’ve wanted to meet you for a while…I know there was probably no way around it, but I cannot forget what happened to Colonel. I can’t help but feel there was a way to resolve things without bloodshed…I bear no grudges towards you, but…I have been infected by the virus. I will be “taken care of” by you either way…that’s why…please fight me as an Irregular…it will be my way of avenging Colonel, as well. I may be being selfish…but fight me!

Zero: Understood…but, I…this fight is just business. Bring it!

After Last Levels Appear

X

Pegacion: Brrzzt, wh-who…who are you…

X: Pegacion…you, too…

Pegacion: Avenge the General…send you to hell!

Zero

Pegacion: I-Iris…who’s this? Tell me. Iris. Who, is, this?

Zero: Pegacion…so you’re an Irregular now…Iris…isn’t here anymore. It was me who…

Pegacion: I’ll kill you, I’ll kill you…you won’t get away with this!

SPIKE ROSERED / AXLE THE RED

JPN 日本語

(シャトル作戦提案前・零空間ステージ出現後)

(エックス)
ローズレッド: おい!どうなってんだよ!地球まるごと、ぶっとびそうだぜ!いまごろ…みんパニックじょうたいで…まてよ!?これをりようしていろいろぬすめるかも?

エックス: せこいヤツだ!こんなときに。

ローズレッド: な、てつだってくれよ!やまわけしようぜ!それとも…戦ってみるかい?あそんでやってもいいぜ。あんた、強そうだしな。まけたら、おれのいうこときけよ!しょうぶだ!

(ゼロ)
ローズレッド: あ、あんた、もしかしてあのゼロってひと?

ゼロ: おまえがしるひつようはない

ローズレッド: イレギュラーハンターだろ?地球はどうなるんだよ!ボロボロじゃないか?

ゼロ: …………

ローズレッド: 死んでわびてみろよ…いままで、かってにしまつしたイレギュラーのきもちが…わかるんじゃないの?おしえてやるよ…しまつされるがわのきもちをなっ!

(シャトル作戦提案後、実行前)

(エックス)
ローズレッド: なんか、用かよ!

エックス: おまえには用はない。オービターエンジンに用がある。

ローズレッド: コソドロかい?んな、かんたんにわたすかよ。かえんな…あまりしつこいとイレギュラーハンターよぶぞ。

エックス: かってにするがいい。エンジンの場所をおしえるんだ!

ローズレッド: だからー…んな、わたせるかよ。それとも…戦ってみるかい?あそんでやってもいいぜ。

エックス: おまえとは、はなしあうより…戦ったほうがはやくケリがつきそうだな!

ローズレッド: おいおい…いってくれるな!かつためなら、どんなことでもするぜ!しょうぶだ!

(ゼロ)
ローズレッド: あ、あんた、もしかしてあのゼロってひと?

ゼロ: おまえがしるひつようはない…オービターエンジンをわたすんだ。

ローズレッド: こわー。イレギュラーハンターって、こわいね。うわさどおり、ころされそうだ…ていこうしたら。

ゼロ: ひどいいわれようだな…イレギュラーのみをしまつしているだけだ。

ローズレッド: そのイレギュラーって…はんだんがかってだよな。だって、ぐんたいのレプリ
フォースまで…イレギュラーあつかいだろ?イレギュラーってなに?

ゼロ: そ、それはちがう!あのときは…

ローズレッド: ぎゃくにボクがおしえてやるよ…しまつされるがわのきもちをなっ!

TRANSLATION 翻訳

Before Shuttle Plan, After Last Stages Appeared

X

Rosered: Yo! What’s going on out there? The whole world looks like it’s going to hell! Right now everyone’s freaking out and…wait a minute!? I could use this, and maybe steal a bunch of stuff?

X: You petty thief! At a time like this…

Rosered: Wha- help me out, then! We can split the haul! Or would you rather…take me on? I could play a bit with you. You do look kinda strong. If you lose, you do what I tell you! Game time!

Zero

Rosered: Whoa, aren’t you that Zero guy?

Zero: You don’t need to know.

Rosered: You’re an Irregular Hunter, right? What the hell’s going on with the Earth, man! Isn’t it totally screwed up right now?

Zero: …………

Rosered: Don’t you hear the thoughts and feelings of all those Irregulars you wiped out on a whim? Atone for your crimes in death, Zero…I’ll show you…how it feels to be terminated!

After Shuttle Plan, Before Blastoff

X

Rosered: What, you got some business with me?

X: I have nothing to do with you. My business is with the Orbiter Engine.

Rosered: What are you, some thief? Look, as if I’m going to hand it over to you for nothing. Get the hell out of here. Keep it up and I’ll call the Irregular Hunters on you, bud.

X: Do what you want. Tell me where the engine is!

Rosered: Like I said…I can’t just hand it over. Unless you’d like to…take me on? I could play a bit with you.

X: Seems words are wasted on you; a fight is the only way to move things along.

Rosered: Whoa, whoa…you’re in for it now! I’ll do anything to win! Game time!

Zero

Rosered: Whoa, aren’t you that Zero guy?

Zero: You don’t need to know…hand over the Orbital Engine.

Rosered: So scaaary. Irregular Hunters really are scary, huh? I feel like I’m gonna get killed, just like the rumours say…if I resist, of course.

Zero: That’s a harsh way of putting it…we only destroy Irregulars, that’s it.

Rosered: Those “Irregulars”…you decide that title all on your own, don’t you. I mean, even the whole Repliforce Army was branded as Irregulars, right? What even is an “Irregular” then?

Zero: Th-that was different! That was…

Rosered: How about I tell ya instead? How it feels to be terminated!

DARK NECROBAT / DARK DIZZY

JPN 日本語

(エックス)
ネクロバット: キキキッずっとまってたぜ!

エックス: いま、どんなじょうきょうかわかっているのか?

ネクロバット: キキッかんけいないんだろ?もう、こんなじょうたいならイレギュラーもなにもみんな死んじまう。キキキッまず、おまえからコロしてやるよ!

(ゼロ)
ネクロバット: キキキッ、いいぜ、いいかんじだぜ!

ゼロ: …いきなり、くるっているのか?

ネクロバット: 地球もボコボコ…イケテルぜ、ブラザー!キキキッ。このちょうしでのこりのレプリロイドをすべて、しまつしようぜ!

ゼロ: …くそっ!こんなやつに…おまえからたおしてやる!

(シャトル作戦提案後、実行前)

(エックス)
ネクロバット: キキキッずっとまってたぜ!

エックス: いま、どんなじょうきょうかわかっているのか?こんなところであらそっているばあいじゃない!

ネクロバット: キキッかんけいないんだよ!オレはだれにもさしずをうけない!だから、シグマもオレにはかんけいない!

エックス: おまえのようなイレギュラーは戦うまでだ!

ネクロバット: キキキッかかってこいよ!

(ゼロ)
ネクロバット: キキキッ、なんかおなじニオイがするぜ。

ゼロ: …いきなり、くるってるか?

ネクロバット: キキッ、オマエもオレもなかまだ。キキキッあらそうのはよそうぜ、ブラザー。キキキッ。

ゼロ: …くるってる…なにをこんきょに…

ネクロバット: ふたりでイレギュラーどもをしまつしようぜ!キキッ。

ゼロ: …おまえがイレギュラーだ…まず、おまえからたおす!

TRANSLATION 翻訳

Before Shuttle Plan, After Last Levels Appeared

X

Necrobat: Squeek squeek, you’ve kept me waiting!

X: Do you even know what’s happening right now?

Necrobat: Squeek, it doesn’t concern me, right? At this rate, me, you, the Irregulars, everyone will be dead. Squeek squeek, I’ll start the death toll with you!

Zero

Necrobat: Squeek, good, that’s good!

Zero: …have you suddenly lost your marbles?

Necrobat: The Earth is ruined…it’s awesome, my brother! Squeek squeek. Let’s keep it up and wipe out the rest of the Reploids!

Zero: …damn! You’re scum…I’ll wipe you out!

After Shuttle Plan, Before Launch

X

Necrobat: Squeek squeek, you’ve kept me waiting!

X: Do you even know what’s happening right now? We don’t have time to be fighting in a place like this!

Necrobat: Squeek, doesn’t matter to me! I take orders from nobody! I don’t even have anything to do with Sigma!

X: I’ll fight against Irregulars such as yourself!

Necrobat: Squeek squeek, bring it on!

Zero

Necrobat: Squeek squeek, you smell a little like me.

Zero: …have you suddenly lost your marbles?

Necrobat: Squeek, you and I are one and the same. Squeek, let’s stop this fighting, brother. Squeeek!

Zero: …you’ve totally lost it…what sort of baseless nonsense-…

Necrobat: Let’s wipe out the Irregulars, just the two of us! Squeek squeek!

Zero: …you’re the Irregular here…I’ll start with you first!

BURN DINOREX / MATTREX

JPN 日本語

(シャトル作戦提案前・零空間ステージ出現後)

(エックス)
ディノレックス: イレギュラーハンター…レプリロイドをほろぼすもの…おれをころしにきたか?うけてたつぞ!もう、地球はほろびる。おもいっきり、戦おうぜ!死ぬまでな!

(ゼロ)
ディノレックス: ゼロか…地球もほろびようとしているときにオレのいのちをうばいにきたか?最後まで戦っていたいのだな?

ゼロ: のぞむのなら、いつでも戦ってやる。

ディノレックス: 戦ってくれよ!アクマのイレギュラーハンター!

(シャトル作戦提案後、実行前)

(エックス)
ディノレックス: なにしにきた!こんなところまで…

エックス: おまえがかくしもっているブースターロケットがほしい。ここがヒミツの武器ソウコになっているのは…しらべがついている。いま地上がどうなっているかわかっているはずだ。おとなしくわたすんだ!

ディノレックス: あーはいはい、わたしますよ。って…そんなヤツいないのもわかって
いるよな?いつものように戦ってうばいとってみろよ。オレさまにかてたらのはなしだがな。クククッ。

エックス: なぜ、レプリロイドどうし戦わなくてはならないんだ?くっ!おれはまた戦うのか!?

ディノレックス: 戦って、スッキリしようぜ!いつものようにな!

(ゼロ)
ディノレックス: ゼロ…なにしにきた?しにがみが、おむかえにきた。とうとう、オレもおしまいか?

ゼロ: ちがう。おまえがもっているブースターロケットがほしい

ディノレックス: ガハハッ、おまえがほしいのはブースターだけじゃないだろ?オレさまのいのちもほしいだろ?戦いたいんだろ?

ゼロ: のぞむのなら、いつでも戦ってやる。

ディノレックス: 戦ってくれよ!アクマのイレギュラーハンター!

TRANSLATION 翻訳

Before Shuttle Plan, After Last Levels Appeared

X

Dinorex: Irregular Hunter…destroyer of Reploids…have you come to kill me, as well? I’ll stand and fight! The world is in ruins. Let’s fight with all we got! To the death!

Zero

Dinorex: Zero…have you come to take my life, while the world ends around us? You wish to fight until the bitter end?

Zero: If it’s what you want, I’ll fight you anytime.

Dinorex: Then fight me, Hunter from Hell!

After Shuttle Plan, Before Launch

X

Dinorex: What brings you to a place like this?

X: I would like the Booster Rocket you are hiding here. There is intelligence that reveals this location as a secret weapons storehouse. You probably know what is happening across the Earth. Hand over the rocket quietly!

Dinorex: Oooh, okay, no problem, here you go…you realize nobody would say that, right? Do as you always do: take from me by force. If you can beat me, that is. Heheheh.

X: Why must Reploids fight each other? Agh, am I going to fight again?

Dinorex: Let’s fight and feel good! Like we always do!

Zero

Dinorex: Zero…what have you come for? The Grim Reaper knocks at my door – is it my time to go too?

Zero: No. I want your Booster Rocket.

Dinorex: Gahaha, you don’t just want some Booster. You also want my life, don’t you? You want a fight, don’t you?

Zero: If it’s what you want, I’ll fight you anytime.

Dinorex: Then fight me, Hunter from Hell!

DYNAMO 2

JPN 日本語

(エックス)
ダイナモ: また、あそびにきたよ…ひまだったでしょ?

エックス: しつこいぞ!ダイナモ!なにがねらいなんだ?

ダイナモ: だから、ジャマするだけ。それがぼくのおシゴト。これでもいのちがけなんだぜ。だって、あいてがマジだから…こんどは、ちょっとほんきだすよ。かくごはいいかい?

(ゼロ)
ダイナモ: また、あそびにきたよ…ひまだったでしょ?

ゼロ: しつこいぞ!ダイナモ!こんどは、にがさない!

ダイナモ: おれは死なないよ。すこし、やりかたかんがえたほうがいいよ…シグマのダンナもきみたちもいっつもマジモード…おれはいままでのヤツらといっしょにしないでほしい…いちばん、れいせいでまともなのは…このダイナモさま。それをおしえてやるさっ!かかってきなっ!

(撃破後)

(エックス)
ダイナモ: やはり、強いわ…こっちもマジで戦ったのに…さてと…あんたらとつきあって
たら…いのちがいくつあってもたりないよ。そんなわけで、かえるよ。ゲームオーバーってところかな。きみももうちょっとかんがえてみたら?…いつか…死ぬぜ、ほんとうに……オレはいきるためににげるぜ…またな!

エックス: …ダイナモ…

TRANSLATION 翻訳

X

Dynamo: I’ve come to hang out with you again…you weren’t up to anything, eh?

X: You’re really persistent! Dynamo, what is your goal here?

Dynamo: I told you, just being a bother. It’s my job. Although, it is life-endangering work. I mean, you just go all out…this time, I’ll put a little more spunk into it. You ready for this?

Zero

Dynamo: I’ve come to hang out with you again…you weren’t up to anything, eh?

Zero: You’re a pain in the ass, Dynamo! I won’t let you get out of here this time!

Dynamo: I’m not gonna die. You should really rethink what you’re doing…you, Mr. Sigma, you’re always in super intense mode…don’t lump me in with the rest of the bozos you’ve dealt with…the most chill, decent dude around is me – Dynamo. I’ll show you what I mean! Let’s jam!

After Battle

Dynamo: Dang, you really are a tough cookie…I was going full-out, too…well then…if I keep hanging around you guys, I’m going to run out of my nine lives. I’m outta here. Game over, man. But how about you just mull over what I said, you know? Some day…you’ll be dead, seriously…I’ll run from a fight if it means I survive…bye!

X: …Dynamo…

ZERO FIGHT

JPN 日本語

エックス: ゼロ…やはり、ここにいたんだね…ゼロ…きみをつれもどすためにここにきた…

ゼロ: ここには、なにか、かんじる…なにか、わかるような…

エックス: ゼロ…危険だよ。ウィルスにやられてしまう…

ゼロ: おまえ…まさかオレのウィルスはんのうを…

エックス: そうだよ。なぜ、ウィルスにやられてダメージをうけない?ぎゃくにウィルスでパワーアップするなんて!戦っているばあいじゃない。どんなことをしても、きみをつれてかえる。

ゼロ: …オレとやりあってまでつれてかえるというのか?エックス…おまえはオレと戦えやしない…おまえのやさしさでもあり、弱さでもある…オレなら、だいじょうぶだ…しんようしてくれ。

エックス: ゼロ…きみにいなくなってもらいたくないんだ…ゼロ…ほんとうにしんぱいだから……ほんとうにしんようしてるから…ここで、きみと戦ってつれてかえる!

(撃破後)

エックス: …うわーっ…かったはずなのに…さ、最後にゆだんしたよ…ソウルボディをくらってしまっ…ううっ……い、いしきが、…とおく…ううっ…

ゼロ: …う、うう……エ、エックス…

エックス: …………

ゼロ: …………

TRANSLATION 翻訳

X: Zero…I knew you were here…Zero, I’ve come to take you back…

Zero: I feel something here…almost like I understand…

X: Zero…it’s dangerous. You’ll be infected by the virus…

Zero: You’ve…been checking my virus readings…?

X: Yes, I have. Why aren’t you taking damage from the virus? Instead, your power is increasing!? This is no time to fight. I’ll do whatever it takes to take you back.

Zero: …are you saying you’re even willing to take me down? X…you can’t fight me…your kindness is also your weakness…if you’re worried about me, I’m fine…trust me.

X: Zero…I don’t want to lose you…Zero, I’m really worried, and I do trust you, so…I will bring you back by force!

After Fight

X: …aargh…I thought I won…but I was careless in the end…I took a Soul Body…oooh…I-I’m losing…consciousness…

Zero: …ergh…X….

X: …………

Zero: …………

AWAKENED ZERO FIGHT

JPN 日本語

ゼロ: ……………エックス…オレはいま……とってもキモチがいい…はじめてだ…こんなキモチ。

エックス: …………

ゼロ: …とってもスッキリしている…すべてわかったからな……もう、イレギュラーなど…どうでもいい……オレがするべきことは…たったひとつ…

エックス: …ゼロ…きみはゼロなんだよね?…

ゼロ: …フッ…そうだ。データはんのうはそのまま……イレギュラーはんのうもないだろ?…いたって、せいじょうオレのしんのすがた…

エックス: …そのようだ。データはんのうはそのまま……前のゼロとなんらかわりのないデータはんのう……でも…めでみたり、データでとらえられないものがある…それをおしえてくれたのは、ゼロ、きみだよね。…いまのゼロからは…あくをかんじるんだ!…シグマににた、いや、それいじょうのあくを!

ゼロ: …なら、はなしははやい…

エックス: …きみをたおして、ほんとうのゼロをとりもどす!

(撃破後)

エックス: …うわーっ…かったはずなのに…さ、最後にゆだんしたよ…ソウルボディをくらってしまっ…ううっ……い、いしきが、…とおく…ううっ…

ゼロ: …う、うう……エ、エックス…

エックス: …………

ゼロ: …………

TRANSLATION 翻訳

Zero: ……..X…I feel so good now…it’s the first time I’ve ever felt like this.

X: …………

Zero: …I feel great…I understand everything now…Irregulars, none of that matters now…there is only one thing…that I must do…

X: …Zero…you are Zero, aren’t you?

Zero: …Hmph…yes I am. That’s what the data readings say…there are no Irregular readings, right? This my normal, true form…

X: …so it seems; the data says just as much…it is no different from your past readings…but…there are things that can’t be read from data or even seen with the eyes…you were the one to teach me that. …I feel evil coming from this Zero in front of me now! …An evil similar to – no, worse – than Sigma!

Zero: …then this conversation will be short…

X: …I’ll defeat you, and bring back the real Zero!

After Fight

X: …aargh…I thought I won…but I was careless in the end…I took a Soul Body…oooh…I-I’m losing…consciousness…

Zero: …ergh…X….

X: …………

Zero: …………

X FIGHT

JPN 日本語

ゼロ: エックス…ライフセーバーまで…なぜ…こんな所に…

ライフセーバー: みろ…われわれがしらべたとおりだ…ここまでくるのに、あれだけウィルスがいたというのに…まったくダメージをうけていない…すでにイレギュラー化しているのでは?

エックス: やめろ!ライフセーバー!そうと決まったわけじゃないだろ?ただ…ゼロの危険せいだけはみとめるよ。

ゼロ: な、なにをいう?エックス…ほんきか?

エックス: …………そうだよ、ゼロ。おれは…ゼロがしんぱいでここにきたんだ…ここからさきは、おれが戦うよ。ゼロはつかれているだろ?かえって、せいみつけんさをうけるんだ!

ゼロ: まて!ここでおまえがイレギュラー化したら…どうする?おまえこそ、かえれ!危険なにんむは、オレだけでじゅうぶん…

エックス: ゼロ、これいじょうの戦いはきみにまかせられない…かえらないというのなら、ムリにでもかえらせる!

ゼロ: …そこまでして…こんなことで、おまえと戦いたくなかったが…しかたがない…いくぜ!エックス!

(撃破後)

ゼロ: くっ…ちっ…さ、最後に…かったとおもったのに…ソ、ソウルボディで攻撃か…さ、さすがだぜ…エック…ゴホッ……う、うう……エ、エックス…

エックス: …………

ゼロ: …………

TRANSLATION 翻訳

Zero: X…and even Lifesaver…why…are you here…?

Lifesaver: Look at him…it’s exactly as I said…he’s come this deep, the virus is all over, and yet…he hasn’t taken any damage at all…perhaps he has already shifted into an Irregular?

X: Enough, Lifesaver! We don’t know that for sure! I can only just…accept Zero’s risk level.

Zero: Wh- what are you saying, X? …are you serious?

X: …….I am, Zero. I…I’ve been worried, which is why I came…I’ll take over the fighting from here. You’re probably tired, right, Zero? You go back to base and get a full examination!

Zero: Hold on! If you go Irregular here…then what? You should be the one to go back! I don’t need any help with dangerous missions…

X: Zero, I can’t leave the fighting to you anymore…if you still won’t head back, I am willing to make you!

Zero: …I didn’t want it to go so far that I’d have to fight you…but if I must…let’s do it! X!

After Fight

Zero: Urgh…tch…I thought I won, but…you attacked with Soul Body at the very end…good move…X…cough cough….ugh…X….

X: …………

Zero: …………

SIGMA FIGHT

JPN 日本語

(エックス)
シグマ: …………クククッ…さすが…最強のレプリロイド……よそういじょうにくるのがはやかったな…

エックス: …なんのために!こんなことをしたんだ!?

シグマ: …ゼロだ…ゼロのめをさますためだ…

エックス: …なんだと!

シグマ: あれから、おまえたちをいろいろと研究してな…すばらしいじじつがわかったのだよ。…どうしてもゼロのしんのすがたがみたくてな…ウィルスを地上にばらまき、ヤツの体をきよめたのだが……ウィルスのりょうがたりなかった。そこであのオンボロのコロニーを…ウィルスコロニーとして地球とドッキングさせた。けっかは、しってのとおりだ

エックス: そんなくだらないことで!地球がほろびるかもしれなかったんだぞ!

シグマ: さいわい、イレギュラーハンターという…ヒマなヤツらがいて、地球めつぼうはないと…しかし、そのハンターもほとんどが…イレギュラー化してしまったからな…クククッ危なかったな。ワーハッハッハッ!

エックス: …く、くそっ!おまえのせいでどれだけのなかまが……ゆるさない!ゆるさないぞっ!シグマ!

(ゼロ)
シグマ: …………クククッ…さすが…最強のレプリロイド……よそういじょうにくるのがはやかったな…

ゼロ: …こんどこそ…おわらせる。こんな戦いは…

シグマ: …ゼロ…もういちどきく。じぶんのしんのすがたをしんのパワーをてにいれたくはないのか?

ゼロ: …くだらん。いまのオレになんのいつわりもない…

シグマ: おまえのことにやたらくわしいろうじんがいてな…いまのゼロは、ほんもののゼロではない…そんなオモシロイことをいうのだよ…そのろうじんのすすめで…ウィルスを地球とコロニーに、ばらまいて…おまえの体にあびせたのにおまえはめをさまさない…

ゼロ: オレはイレギュラーにはならない!おまえのウィルスごときでやられてたまるか!

シグマ: クククッ、わかってないな。イレギュラーとかではない。かんじただろ?ウィルスでパワーがみなぎるのを…ウィルスでおまえの体をきよめているのだ…

ゼロ: …だ、だまれっ!だまれーっ!

シグマ: おまえがわしをたおしても…死がまっている…いま…かくせいしないとおまえのいきるみちはないぞ。めをさませ!ゼロ!

ゼロ: 死んでもかまわない…ただひとりでは死なない…

シグマ: くっ、おろかものめが…死ぬがいい!!

(シグマ第一形態撃破後)

(エックス)
シグマ: …………クククッやはり最強だな、エックス…それだけ強いと、どうしても、たおしたくなる…ゼロとおまえを戦わせても…ムダだった…さすが最強だ、敵、みかたかんけいなしに戦えるしな。

エックス: …だまれ!どこにいる!?

シグマ: ここだよ、にげもかくれもせん…じつはな、こんかいよきパートナーがいてな…いろいろとサポートしてくれたのだよ。かこに、かぞえきれないほどのロボットをつくったらしく…いまからみせる最強のボディもあたえてくれた。おまえがくるのが、はやかった
ので、みかんせいだがな…まー、これでじゅうぶんだ。たのもしいパートナー、いや、どうしだった…だれよりも、おまえにたいするいじょうな…しゅうちゃくしん…たのもしかったよ…わたしいがいにいたのだよ…おまえをにくむじんぶつが…にくしみをくらうがいい!死ね!エックス!

(ゼロ)
シグマ: …………クククッやはり最強だな、ゼロ…エックスとゼロ…どっちが強い?

ゼロ: くだらん…すがたをあらわせ!どこだっ!シグマッ!

シグマ: クククッ、あわてるな…近くにいるぞ…なあ、ゼロよ…あるろうじんとであってな…そのろうじんはいってたぞ、ゼロは地上最強だと…あのろうじんはだれなんだ?

ゼロ: …しらん、そんなヤツ。

シグマ: おまえはよくしっているはず。…ユメであうだろ?

ゼロ: しらない…しらない、そんなヤツは。

シグマ: おまえのこと…かなり、いれこんでいたぞ…まるで、うみのおやのようになーっ!

ゼロ: だまれー!!最後だ!ゆるさないぞ、シグマッ!

(シグマ第二形態撃破後)

(エックス)
シグマ: …ぐ、ぐわっ…く、くそっ…ひ、ひとりでは……ひとりでは、死なんぞっ!ゼ、ゼロと……ゼロをみちづれに…してやる!…

エックス: やめろ!これいじょうゼロにてをだすなっ!

シグマ: …フハハハッ…ひとがきずつくのはたえられないだろ?おまえにあたえるくるしみはたえても…とくにゼロをきずつけたらくるしいだろ?おまえのもっともたいせつなゼロをもらうぞ…ともにジゴクへ落ちる!さらばだ!エックス…ファーッ、ハハハハッ!

(ゼロ)
シグマ: …ぐ、ぐわっ…く、くそっ…ひ、ひとりでは……ひとりでは、死なんぞっ!…おまえをみちづれに…してやる!

ゼロ: いまのボロボロのおまえになにができる。

シグマ: …フハハハッ…エックスが近くにいるようだ…3にんでいっしょに死ぬか?エックスもいっしょならさびしくないだろ?

ゼロ: まて!エックスにはてをだすな!

シグマ: ともにジゴクへ落ちようぞ!さらばだ!ゼロ…ファーッ、ハハハハッ!

TRANSLATION 翻訳

X

Sigma: …Heeheehee…well done…the ultimate Reploid…you came faster than expected…

X: …what was it all for? What was the point of all this!?

Sigma: …for Zero…to awaken Zero…

X: …what!

Sigma: I’ve done all sorts of research into you two over the years…and learned a magnificent truth. …I wanted to see Zero’s true form more than anything…so I spread the virus across the Earth, and purified his body. However…it wasn’t enough. So I took that shabby old colony, turned it into a virus colony and…”docked” it to Earth. The result was exactly what I knew it to be.

X: All this, for something so petty!? The Earth was almost destroyed!

Sigma: Fortunately, there was a group of slackers called the Irregular Hunters that managed to prevent the fall of the world…but, seeing as most of the Hunters became Irregulars themselves…heheh…that sure was a close call, wasn’t it? Waaahahaha!

X: …curse you! I lost countless friends because of you…I won’t stand for it! I won’t let you get away with this, Sigma!

Zero

Sigma: …Heeheehee…well done…the ultimate Reploid…you came faster than expected…

Zero: …this time…I’ll finish this fight for good.

Sigma: …Zero…I ask you again: do you not want to become your true self and gain true power?

Zero: …yawn. I don’t believe in any of the nonsense.

Sigma: There is an old gentlemen who knows so much about you…and he says the most interesting things…like, that the Zero we know and love is not really the “real” Zero…and so, as per his suggestion, I scattered the virus across the Earth and the colony…I showered your body with it and you still won’t awaken…

Zero: I won’t become Irregular! As if I’d be beat by your weak-ass virus!

Sigma: Heheheh, you still don’t get it, do you? You aren’t an Irregular. You felt it, yes? Power swelling within you due to the virus…the virus is purifying your body…

Zero: …shut up! Shut your damn mouth!

Sigma: Even if you strike me down now…death awaits you…if you don’t awaken, there is no way for you to live. Wake up, Zero!

Zero: Dying ain’t so bad…but, I won’t go out alone…

Sigma: Tch, you fool…prepare to die!

After Form 1

X

Sigma: …Heheheh you really are the best, X…the stronger you are, the more I want to destroy you…I couldn’t do it even after making you and Zero fight eachother…you’re the best – friend, foe, you will battle anyone.

X: …quiet! Where are you!?

Sigma: I’m right here. I have no intention of running or hiding…the truth is, this time I had quite the good partner…he supported me in many ways. Apparently, in the past, he created an endless amount of robots…and presented me the body I reveal to you now. You arrived very early, so it’s not quite complete, but…well, it should be more than enough. He was a reliable partner – no, friend…he was more obsessed with you than anyone I’ve ever seen…yes, he was truly dependable. It was nice knowing there was someone who hated you as much as me…now feel our hatred! Die, X!

Zero

Sigma: …Heheh, you really are the best, Zero…X and Zero…who is stronger?

Zero: Who cares…show yourself! Where are you! Sigma!

Sigma: Heheheh, don’t get too worked up…I’m close…hey, Zero…so I met this old man…and that old man told me that you were the world’s strongest…who is that old man?

Zero: …no idea who that is.

Sigma: You should know him quite well. …you meet him in your dreams, don’t you?

Zero: I don’t know…I don’t know anyone like that.

Sigma: He seems to know quite a lot about you…almost like a father!

Zero: Shut up! This is the end! You’re finished Sigma!

After Defeat

X

Sigma: …argh, gaah…damn…I-I won’t die alone! I’ll…take Z-Zero…with me!

X: Stop! Don’t hurt Zero anymore!

Sigma: Hahahaha…you can’t stand seeing people get hurt, can you? You can take the pain I inflict on you…but Zero’s pain hurts you more, doesn’t it? I’ll take your cherished Zero…we’ll go to hell together! Farewell, X!…Haaaahahahahaha!

Zero

Sigma: …argh, gaah…damn…I-I won’t die alone! I’ll…take y-you…with me!

Zero: You’re a mess, what can you do?

Sigma: …hahaha…looks like X is nearby…shall the three of us die together? It’s not so lonely if X is with you, right?

Zero: Wait! Don’t you dare touch X!

Sigma: Let’s go to hell together! Farewell, Zero! Haaahahahaha!

Advertisements